シグマ・ライセンス・スクール浜松
トップページ
合格体験記
合格実績
コース案内
スクール案内
魔法のメール
公務員試験カレンダー
シグマはままつニュース

ラジオや新聞で
取り上げられました。

出張講演にお伺いします。ランチェスター経営の講演会情報もコチラ。
校長日記
鈴木校長の日記がスタート!毎回楽しい話題をお届けします。
ハッピーバニーズラビトリー
ホーランドロップ
うさぎ専門店
資料請求
資料請求受付中!
絶対合格したい方へ!まずは資料請求してください!!
合格体験談
2016201520142013 201220112010 2009 ‖ 2008‖ 2007 2006 ‖ 20052004 2003 200220012000



シグマは2010年も一次試験実質合格率100%を達成しました!
勉強が嫌いだった、面接が苦手だった、という人も見事合格。
合格者の多くが「勉強が楽しかった!」と感想を書いてくれています。
きっとあなたも合格できる!元気をもらえる体験記、ぜひお読みください。



ラストチャンスにかけてシグマに入ってよかった
人生変わりました


馬塚 理栄 (George Brown College卒)
合格静岡県職員(教育事務)に合格

私は昨年まで民間企業に勤めていましたが、不景気の影響により失業してしまいました。
次こそは長く続けられる仕事を、と思ったときに、学校事務という存在を知り、そのための試験は年齢的に今年が最後ということで受験を決めました。
私は高校時代まともに勉強をしていなかったし、数年間のブランクがあったのでかなり不安でしたが、シグマに入って流れをつかむとその不安は不思議と消えていきました。
まず授業の質が良いし、そして本気の仲間が集まっているので、とてもいい雰囲気で勉強に取り組めました。このおかげで、勉強において辛かった記憶は特にないです。
肝心の面接練習も、大変充実したものでした。
周りの人たちもメキメキ上達していって、感動することも度々ありました。
最終合格をいただいた今、本当にラストチャンスにかけてシグマに入ってよかったと思っています。
人生変わりました。本当に、案ずるより産むが易しです!
先生、シグマのみんな、本当にありがとうございました!



ヤル気を保ち続けることができたのは
仲間たちとカリスマ先生のおかげだった


品部 光汰 (興誠高校3年)
合格静岡県警察官Bに合格

最初シグマに通おうと思って手続きをしに行ったとき、なんだかボロいビルにあるし、看板もでてない、教室に入ると、ずいぶんラフな格好のおっさんがいるな、と思ったら、なんとその人が先生!(笑)。こんなところで大丈夫か!?と思った。
自分は日頃の口癖が「だりい」「めんどくさい」で、そんなことから学校の先生からは「ヤル気が見えない」と言われ続けてきた。そんな自分でも、ヤル気を保ち続けることができたのは、シグマに通っている仲間たちと、最初ただのおっさんだと思ったカリスマ先生のおかげだった。
いつの間にか高校に通うよりもシグマに通うほうが楽しくなり、夏休みには全日コースに通って朝から夜まで一日中シグマで勉強していた。夏休みが終わって全日から夜間コースにもどったとき、高校ではなくてずっとシグマに通っていたいと思っていたほどだった。
自分が合格できたのは、同じ目標に向かって勉強した仲間たちや、自分のヤル気をずっと高め続けてくれたカリスマ先生のおかげです。シグマに通ったことは、大切な思い出です。




先生や友人のおかげで最後まで
あきらめずにがんばることができました


鈴木 葉月 (西遠女子学園卒)
合格警視庁3類に合格

私は大学を中退してシグマに入りました。今まで高校、大学と推薦で入ってしまったため、勉強をちゃんとしてきませんでした。しかし、大学2年のときにそんな自分に嫌気がさし、昔からの夢だった警察官になるため、大学を中退し、一から勉強をはじめました。最初は、どれもこれもちんぷんかんぷんで、模試では点数は上がらないし、周りにはどんどんおいて行かれるしで、何度もくじけそうになりました。しかし、そんな私を励まし、わからないところは何回も何回もくりかえし教えてくれた先生や友人のおかげで、最後まであきらめずにがんばることができました。
シグマは勉強だけでなく、年齢も経歴も違う人たちとの素敵な出会いや、本気でがんばるすばらしさを教えてくれる、そんな場所です。
私はシグマを選んで本当によかったです。
今まで支えてくれた先生や家族、そしてともにがんばった友人全員に感謝の気持ちでいっぱいです。みなさん本当にありがとうございました。



たった4か月の本気の勉強で合格
同じ仲間がいたから苦にならなかった


鈴木 徹 (興誠高校3年)
合格静岡県警B、警視庁3類に合格

私が警察官になれたのは、シグマでの勉強のおかげです。
高校3年6月で部活を引退するまで公務員の勉強はおろか、学校の勉強もロクにしてきませんでした。しかし、こんな私でも現に警察官になれています。学校の勉強とシグマの勉強は全くの別モノでした。シグマで学ぶことの全てが、初めて学ぶことでした。中学の学習あっての高校の学習とはワケが違います。無論身に付くスピードも違いました。中学の勉強の基礎が微妙な私でも、それを必要としない勉強なので、高校の勉強より数倍早く身に着けることができました。月数でいえば4か月くらいですかね。たった4か月本気でシグマで勉強をすれば、誰だって警察官になることができるのです。シグマでは、夜間3時間、夏休みは日中9時間の勉強をしました。一見するととても苦しそうですが、同じ志を持つ仲間が大勢いたので不思議と苦になりませんでした。
楽しく勉強できて、友達も増えて、自分の夢をかなえることができる。私にとってシグマはそんな夢のような場所でした。もし迷っている人がいれば、一度シグマに行ってみたらいかがでしょう。




最初の頃は模試で10点程度
だけど勉強がとても好きになりました


岩品 宅真 (浜松商業高校3年)
合格浜松市消防、静岡県警B、航空自衛隊一般曹候補生に合格

私は中学生の時から絶対に消防士になりたいと思ってきました。私は高校3年間野球をやっていたので部活を引退してからシグマに入りました。なので、周りのみんなとは少し出遅れてしまいました。
最初の頃は模試でも10点程度の点数しかとれずとても悔しい思いをしましたが、先生や周りの仲間のおかげで点数もだんだん上がりとても自信がつきました。なによりシグマに通うようになり勉強がとても好きになりました。
また面接の練習でも仲間同士でアドバイスを出し合ったりして頑張りました。
先生や仲間たちが自分にかけてくれる言葉がとても自分の支えとなり最高の力を発揮できました。

シグマは自分と同じ目標、夢をもった仲間が集まるので「自分もみんなに負けないように頑張ろう」「みんなと絶対に合格しよう」という気持ちが自然と湧いてくるようなところです。
本当にいい環境で勉強をさせてもらったと思っています。ありがとうございました。




今年の夏休みは勉強ばかりでしたが
今までで一番楽しかった夏休みでした


冨永 早紀 (浜名高校3年)
合格静岡県警察官Bに合格

私は中学も高校も剣道部でした。
部活動が中心の毎日で勉強は二の次だったので、公務員には私の学力ではなれないだろうと思っていました。ですが、シグマに通い始めてから考えがかわりました。シグマでは、基礎からわかりやすく教えてくれるので一番苦手な数学ですら理解できました。

夏休みには全日コースに参加しました。
夏の全日コースがはじまってからは新しい友達もでき、年上の方とも関わる機会がありました。
シグマで知り合った人たちは、ひとりひとりとてもいい人ばかりだったので、夏の暑い日でもシグマに行くのがとても楽しかったです。
全日コースで仲良くなっていくうちに、他の人たちがどんなふうに、どのくらい努力をしているのかを聞くことができました。みんなの話を聞いて自分はまだまだ努力が足りないということがわかりました。
シグマでは、モチベーションが下がることなく勉強に励むことができました。

今年の夏休みは勉強ばかりでしたが、今までで一番楽しかった夏休みでした。




シグマの一番いいところは
一緒に勉強する仲間がいるということ


久保 暁 (日本大学卒)
合格静岡市(畜産)に合格

3か月の勉強で公務員試験に合格する。
そんな夢のようなことをわたしはシグマで実現することができました。
わたしが勉強をはじめたのは4月に入ってから本命の試験までは3か月と時間がありませんでした。出題範囲は広く、苦手な分野も多い。最初の模試の結果はひどいものでした。
しかし、シグマの先生方のわかりやすい授業のおかげでおもしろいように模試の点数は伸びてゆきました。
そして、シグマの一番いいところは、一緒に勉強する仲間がいるということです。楽しく勉強ができるというだけではなく、皆の意識の高さを感じて怠けそうな時に気を引き締めることができました。
勉強することが苦手な人はたくさんいると思います。わたしもそのひとりですが、シグマでは真剣に勉強に取り組むことができました。
わたしは正直に言って今年受かることは考えていませんでした。公務員試験の勉強も初心者で、時間もない、そんな状況で自分に自信が持てませんでした。しかし、次第に「シグマで勉強したのだから絶対に合格できる」という気持ちになりました。この強い自負心を持つことが大切なんだと思います。
最後に、先生方、一緒に勉強した皆さんに深く感謝申し上げます。




シグマの人たちはとても優しく、面白く
いろいろなことを学ばしてもらいました


渡辺 大晃 (江之島高校卒)
合格浜松市消防に合格
僕は昨年浜松消防を受けましたが1次で落ちてしまいました。
それがとても悔しくて、11月からシグマの夜間に入りました。そして4月からは全日制に入りました。最初の頃は授業を受けても知らないことばかりでとても不安でした。しかし、1か月2か月と過ぎていくうちにわかるようになり、シグマの人たちとも仲良くなっていき、毎日シグマに通うのが楽しくなりました。シグマの人たちはとても優しく、面白くて、勉強だけではなく、いろいろなことを学ばしてもらいました。そうしていくうちに、最初の頃感じていた不安もすっかりなくなって、少しずつ模試の点数が上がっていき、念願だった浜松消防に合格することができました。シグマに入って本当によかったです。僕にとってシグマは最高の場所になりました。




朝から晩まで勉強漬けの夏休み
苦しさを覚悟していましたが、実際は違いました


鈴木 美帆(浜松商業高校3年)
合格静岡県職員(教育事務)に合格

私が公務員になろうと決意したのは高校2年生の3月です。
もともと高校卒業後は就職と決めてはいたのですが、2年前のリーマンショック以降日本は深刻な不況に陥り、学校にくる企業の求人数は激減しました。そこで自分の希望する事務職に就けるか不安を抱き、公務員試験を受験することを決めました。
友人に勧められてシグマのことを知り、4月の夜間から入学しました。
一番印象に残っているのは夏休みです。
最初は朝から晩まで勉強漬けの毎日で、過酷で苦しい一カ月を覚悟していましたが、実際は違いました。
シグマのみんなは面白くて、いい人たちばかりでシグマに来ることがとても楽しかったです。また授業が始まる合間にみんなと問題を出し合い、楽しみながら暗記モノを憶えることができました。また、試験に受かるか不安な時も、支え合いながら勉強することができました。
合格通知を見たときは、嬉しさと驚きのあまり、上手に呼吸ができないほどでした。
そして、こんな私が難関である公務員試験に合格できたのは、熱心に勉強を教えてくださったシグマの先生方と、切磋琢磨し合ったシグマの仲間たち、支えてくれた家族のおかげだと改めて思いました。




小学校のころから夢に
シグマで勉強し仲間たちと触れ合うことで実現


村松 聖也 (浜北西高校3年)
合格静岡県警察官B、警視庁3類に合格
私は最初シグマを知りませんでした。友達に誘われてシグマに入学しました。
最初は知らない人ばかりで、うまくやっていけるか心配でした。
が、塾長先生の鈴木先生のユーモアあふれる授業を受けていくうちに、緊張も忘れ、楽しく勉強することができました。
次第に、他の仲間たちとも打ち解け会い、楽しいシグマ環境の中で勉強することができました。

私は小学校のころから警察官になりたいと思っていました。
その夢がシグマで勉強し、仲間たちと触れ合うことで実現することができました。
私にとってシグマは心のふるさとであり、夢をつかむ近道です。
ほんとうにシグマに入ってよかったです。
これから公務員になりたいと思っている人がいたらシグマに入りましょう。本当にありがとうございました。




授業はとてもわかりやすく
わからない問題はほとんどなくなった


小杉 裕也(浜北西高校3年)
合格静岡県警Bに合格

高校3年生になりたての春にシグマに通い始めました。
基本的に勉強が苦手な私でしたが、先生の優しい教えと、仲間たちの励ましのおかげでとても充実したシグマ生活を送ることができました。

先生の授業はとてもわかりやすく、わからない問題はほとんどなくなったくらいです。
シグマの仲間のみんなも、とても頼りになる人たちばかりで、何度も助けられました。
こんな環境の整った場所はシグマだけだと思います。
公務員試験に合格したいなら、絶対シグマです。




シグマでは筆記試験対策だけでなく
面接試験対策も充実して学べました


田米 正憲 (福岡大学卒)
合格静岡県警察官A、浜松市消防に合格
私は、第一志望であった静岡県警察官の10月採用に合格することができました。
私は大学卒業後に入社した会社を、一か月半という短い期間で退社し、公務員試験をうけることにしました。
秋の夜間コースからシグマライセンススクールに入校しましたが、今まで勉強をしたことがなかったため、他の人との差を感じていました。
ですが、シグマライセンススクールでは、公務員試験の基本から学べるため私のような勉強ができなかった人間でも、静岡県警察官、浜松市消防の試験に合格することができました。
シグマでは筆記試験対策だけでなく、採用試験で最も重要となる面接試験対策も充実して学ぶことができました。実際に、面接でしゃべっている自分の姿をビデオで撮影し、自分自身の欠点、クセを確認でき、何より一番勉強になったことは、自分以外の同じシグマ生の面接を見て、自分には何が足りないか、自分が改善すべき場所を知ることができたことです。
シグマライセンススクールに入校したことで、独学では学ぶことができないことを学ぶことができ、何より同じ公務員と言う狭き門を目指す仲間がいることが力になり、妥協せず前進し続けることができました。
シグマライセンススクールに入校したことで、私の夢である警察官になることができました。




小学校から野球ばかりで
勉強はほとんどやったことがありませんでした


高田 祥吾(浜名高校卒)
合格京都府警Bに合格

京都府警に合格しました!
同じ志をもった仲間たちと一緒に早朝勉強会をやったり、仲間に面接のアドバイスをもらったからです。
自分は小学校から野球ばかりで、勉強はほとんどやったことがありませんでした。その野球を捨てて勉強に取り組むことは辛かったです。でも、県大会で決勝までいったことが糧となり、面接のときも堂々とすることができました。
シグマに入ってくるスポーツをやってた人たちは勉強が得意な人はほとんどいないと思います。でも、仲間と打ち解け協力することで点数もどんどん上がっていきます。自分は、最初45点満点の模試で14点からのスタートでしたが、合格発表前の模試では29点まで取ることができました。
部活と同じで、同じ目標がある仲間は互いに高めあい一生の友達となるので、シグマのメンツはとても大切な仲間たちです。自分の第一志望である京都府警に合格できたのも仲間のおかげです。
シグマ最高!本当にありがとう!




最初は学校との両立に苦労しましが
仲間、家族、先生方のおかげで乗り越えられた


永井 佑季 (浜松商業高校3年)
合格国家3種(税務)、浜松市(行政事務)に合格

私がシグマを知ったのは、高校2年生の秋でした。それまで民間企業へ就職するか、公務員になるか悩んでいた私。ようやく決心がつき、高校の先生に教えて頂いたことが、シグマに通うきっかけになりました。
4月から夜間コースに通い始め、まず苦労したのは学校との両立です。部活動は文化部だったため、時間をやりくりすることができました。しかし部活動のあとシグマに向かい、9時まで授業を受け帰宅するという不慣れな生活につらさを感じることもありました。2つ目は学習内容の多さです。学校では習わない科目や、暗記科目の多さに悩まされました。
しかし、どんな困難も、共に勉強する仲間、支えてくれる家族、そして教えてくださる先生方の存在があったから乗り越えることができました。
夢は努力すれば叶います。
しかし合格がゴールではありません。今までお世話になった全ての方に恩返しをするために、公務員として人々のためにこれからしっかり働きたいと思います。




この半年間
シグマにいた時間は一生忘れない


藤井 華輪(愛知大学短期大学部卒)
合格海上自衛隊(一般曹候補生)に合格

わたしは今年、シグマの全日コースに入校しました。
シグマでは毎週模試とグッド&ニューがあります。模試で自分の苦手がわかり、グッド&ニューでは仲間を見て話し方など勉強になり、これは面接のときに大いに役立ちました。
そして授業の前には朝会にも参加しました。朝会では、シグマの暗記サクセスノートを問題として出し合っていたのですが、だんだんと答えの暗記力が上がり、ノートにも載っていない問題を出していくなど自分たちでどんどん自主的に楽しく勉強することができました。
シグマの良いところは同じ公務員を目指す仲間がいることです。わからない問題は互いに教えあい、不安になったときは校長やシグマの仲間がいてくれたことにわたしは感謝しています。
この半年間、シグマにいた時間は一生忘れないと思います。
自分が自衛官となれたのも、校長やシグマの仲間、自衛隊の広報官の方の支えがあったからです。
最後に、皆で合格することができたことに感謝です。




卒業生から「シグマは最高だよ」と聞きます
今は自分もそう思います


栗田 雅士 (湖南高校3年)
合格浜松市消防、静岡県警Bに合格

私は、幼いころから消防士になって市民を助けたいと思っていました。また、私は小学生から高校までずっとサッカーをやってきて体力には自信がありました。しかし、実際のところ高校3年生の進路を決めなければならない時に自分はどうすればいいのだろうと思い、とても不安になりました。
そんな時に私はシグマを知りました。シグマでは何も知らずに試験を受けに行くのとは違い、同じ目標を持った仲間もでき、年齢の違うライバルもでき、自分自身人間としても成長できたと思います。
私は、試験当日受験票を忘れてしまいました。私は不安やあせりからもう落ちてしまったと思いました。しかし、そんなときにもいっしょにいたシグマの仲間たちが大丈夫だよと励ましてくれて試験を落ち着いて受け、そして合格することができました。きっと私が一人で受験をしていたら落ちていたと思います。
シグマの卒業生からよく「シグマは最高だよ」と聞きます。それを聞いて初めは正直ウソくさいと思っていました。しかし、今は自分がそう思います。私は幼いころからサッカーをやってきました。そしてポジションはディフェンダーを長い間やってきました。幼いころからの夢であった消防士になれたので、今度はサッカーのゴールではなく浜松市民を守りたいです。




シグマには公務員試験における、教材、教師、
そして仲間という強い武器が備わっています


大石 新(江之島高校卒)
合格航空自衛隊に合格

高3のとき、両親から「不況だから公務員になれ」と言われ昼間は学校へ、夜はシグマへという生活を送りました。私の姉も兄もシグマから公務員になっていたのです。
しかし、その時は自分が公務員になる自覚がなく、1次試験に合格するものの面接で全滅するのは当然でした。それが悔しくて、来年こそリベンジしてやると決心しました。私は翌年全日コースに通い毎日勉強に励みました。
私が思うに、シグマには公務員試験における、教材、教師、そして仲間という強い武器が備わっています。あとはそれを身に着けるあなた次第です。強い武器を持っていると安心して手を抜くと試験には勝てません。で、その武器を使いこなし、冷酷な公務員試験を倒してください。ただし、面接官には敬意を払い、自分のことをそのまま伝えましょう。
最後に、こんな楽しい思い出をたくさんくれたシグマの皆さんに感謝します。




試験前日に交通事故で両腕を骨折
本当に絶望的でした


勝野 康裕 (湖東高校3年)
合格浜松市消防、静岡県警B、航空自衛隊一般曹候補生に合格

私は部活動を行っていたため、本格的に勉強をしたのはシグマに入った6月からでした。まわりの人たちよりも遅いスタートだったので多くの不安がありましたが、シグマの先生や仲間の支えがあり、次第に模試の点数も上がってきました。

ですが、試験前日に交通事故に合い、両腕を骨折。本当に絶望的でした。

だいたい両腕骨折では文字を書くのも一苦労。もうダメだと思いましたが「やれるだけはやってみよう」と思い試験に臨みました。
結果、第一志望に合格!私が生きてきた中で、一番の難所だったと思いますが、シグマのおかげで今回無事合格できたと思います。心から感謝しています。




「大学に行くのがすべてではない」と言われ
その時、公務員を受けてみようと決意しました


杉山 真也(日体高校3年)
合格航静岡県警B、警視庁3類、浜松市消防
航空自衛隊曹候補生に合格

高2夏、私は進路に悩んでいました。
私の学校は進学校で全員大学へ行くというのが基本です。私は決して勉強ができるほうではありませんでした。むしろ苦手でした。
そのような時、大阪大学に行っている兄から「大学に行くのがすべてではない」と言われました。その時、公務員を受けてみようと決意しました
。高2の冬からシグマに入り勉強してきました。初めのころはなかなか集中できなくて、結局高3の夏に近づいてしまいました。その時は本気でヤバイと思い2か月間必死で勉強しました。シグマでもらった教科書はとても活用しました。暗記サクセスノートはとくに使いました。
それから、シグマで出会った先生や仲間のおかげで最後までやりきることができたと思います。いままで私を支えてくれた人たちにどれほど感謝をすればいいかわかりません。その人たちに恩返しをする気持ちでしっかり働いていきたいと思います。




「何かを得るということは
何かを捨てること」です


鈴木 崇太 (浜松商業3年)
合格静岡県警Bに合格

僕が初めてシグマを知ったのは高校3年になる直前でした。
家では家族と進路を相談していて警察官になろうと思いました。そして、学校の進路指導の先生に相談していたら、シグマの存在を教えてくれました。
そこからシグマに入塾して本命の警察官採用試験に向けての勉強がはじまりました。3年の4月の下旬になり部活動でサッカーを続けていたけど、インターハイをもって引退しました。そこから本当は選手権という高校サッカーの大きな大会まで続けたかったけど、さすがに部活を続けながら勉強を続けるのが不可能になりました。
僕にとって進路のためにサッカーを捨てるというのは断腸の思いでした。しかし、そのとき決心したおかげで今の自分がいます。いままで部活動のあった時間は勉強、シグマでも勉強、勉強漬けの毎日でした。シグマでは最高の仲間と一緒に目標に向かってがんばることができました。本当にシグマにはお世話になりました。ありがとうございました。
最後に「何かを得るということは、何かを捨てること」です。マジでシグマ最高!!




試験まで約3か月という不安を
打ち破ったのは仲間の存在でした


佐藤 涼(浜名高校3年)
合格静岡県警Bに合格

僕は6月下旬に部活を引退し、シグマに入学しました。
当時僕は試験まで約3か月しかないという状況におかれていました。正直3か月間の勉強で公務員になれるのか、という不安を自分の中で抱いていました。
その不安を打ち破ったのは、一緒に公務員を目指していた仲間の存在でした。シグマに入ってたくさんの人と友達になることができました。皆授業中はとてつもない集中力と、時には休み時間にバカやって騒げるという最高の環境が僕の不安を取り除いてくれました。
第一志望消防、第二志望警察が僕の目標でした。しかし、第一志望の消防は落ちてしまいました。面接では唯一の望み静岡県警に全力をつくしました。そして静岡県警に合格しました。
うれしさがゆえに、合格したという実感がわかず、あ然としてしまいました。
合格できたのは、鈴木先生をはじめ多くの仲間や先輩とともに頑張ってこれたからだと思います。本当にありがとうございました。
僕は静岡県警に入、機動隊で、これまで14年間続けてきた剣道をさらに極め、東京武道館に静岡県警として全日本静岡代表を目指していきたいです。
今まで本当にありがとうございました。




私たちを合格に導いてくれたのは
シグマのカリスマ鈴木俊士先生の存在です


田中 亮太 (聖隷クリストファー高校3年)
合格浜松市消防、静岡県警、航空自衛隊曹候補生に合格

私は野球部に所属していて引退した夏休みから本格的に勉強をし始めたけれど、初めは周りのレベルの高さに自分自身、筆記が試験に受かるか不安でした。
しかし、シグマにはたくさんの友達ができて、その中で互いに切磋琢磨しあい、勉強に集中することができました。
私は中でも夏休みの勉強がとても大切だったと思います。
シグマの夏は昼も夜も毎日勉強に専念する環境がとても整っています。
シグマの中には高校生だけではなく、大学生の方などたくさん先輩の方がいて、勉強や受験の経験などたくさんのことを学ぶことができました。
そして、私たちを合格に導いてくれたのは、シグマのカリスマ鈴木俊士先生の存在です。
私にとって鈴木先生は、野球部の指導者と並ぶ恩師です。
今、公務員試験に向けてがんばっている受験生!!鈴木先生の話をたくさん聞くことを大切にしてください。勉強以外にも学ぶことがたくさんあるはずです。
「合格=才能(質)×勉強時間2乗(量の2乗)」「人生は素質3分に努力7分!!」鈴木先生のよく話してくれるこの考えを、常に持って地道に努力してください。
焦らず自分を信じることを大切に。




苦手な面接対策も仲間や先生と
何度も練習し確実にレベルアップ


夏目 純(南山大学卒)
合格愛知県警A、愛知県小中学校事務に合格

私はどちらかといえば、ペーパーは得意で、面接が苦手でした。その傾向自体は最後までそのままでしたが、苦手な面接対策も、仲間や先生の面接官を相手に何度も何度も練習をすることで、確実にレベルアップできたと感じました。面接の練習はどうしても一人ではできないことなのでシグマで第三者に見てもらいアドバイスをもらう、そして自分でもビデオの自分の姿を見るという経験がとても貴重なものでした。
また、苦手な面接だけでなく、ペーパーの面でも、かなり成長できたと思います。互いに問題を出し合ったり、身近な相手と点数を競い合うことは一人ではできない、成長のために大切なことだと思いました。また、一人での勉強では捨ててしまう分野もありましたが、勉強してみれば特に難しいものもなく、捨ててしまうにはもったいないと感じました。
私のようにどちらかが得意でどちらかが苦手という人もいると思いますが、どちらもやればやっただけ伸びるものでした。私はシグマで教わり、仲間と互いに伸ばしあうことで、どちらも大きく成長することができました。本当にありがとうございました。




シグマは自分の苦手と真摯に
向き合ってくれる先生と学生がいる


柳田 崇 (豊橋創造大学短期大学部卒)
合格浜松市幼稚園教諭、豊田市教育保育に合格

私がシグマに入ったきっかけは、公立の幼稚園、保育園に勤めたいという気持ちからでした。男性で一生保育職を続けていくうえで公立というのは重要だと思い、また、独学ではとても合格することができないと感じ、シグマに入りました。
私は、勉強もさることながら、面接試験が特に苦手でした。緊張すると表情が硬くなってしまう私は、過去の面接試験で「暗い」と言われてしまうことがほとんどでした。私は、シグマで先生や友人たちに何度も面接をして頂きました。そして、試験で「明るくて元気がある」と言って頂けるまで苦手を克服することができました。遅くまで勉強を教えて頂いた先生方、面接練習に何度もつきあってくれた友人たちには、本当に感謝しています。シグマに入らなければ、私は合格できませんでした。もし公務員になりたいと思っている人がいたらシグマに足を運んでみてください。自分の苦手と真摯に向き合ってくれる先生と学生がいるはずです。今後も、シグマの思い出を胸に、大好きな子供たちが毎日笑顔で楽しく過ごせる、そんなクラスの先生になりたいと思います。本当にありがとうございました!!




自分自身の可能性を信じ
毎日コツコツ丁寧に勉強し続けた


尾崎 翼(皇學館大学卒)
合格磐田市役所に合格

今まで勉強らしい勉強をしたことがありませんでした。それでいて、就職をして4年もたっており、学校で教えてもらっていたことはまったくおぼえていませんでした。数学の比は意味がわからない。因数分解さえできませんでした。そんな状況でシグマに通い始めたわけですが、ひとつだけ心に決めていたことがあります。それは「自分自身の可能性を信じる」ことです。
絶対にできる、絶対合格するという気持ちを持ち続けて毎日の勉強に取り組みました。得意科目さえない私にできることは毎日コツコツ丁寧に勉強し続けることでした。
納得するまで先生に質問したり、同じ問題を何回も繰り返し解いたりしました。気付くと1日の勉強時間は12時間を超えていました。
すべてが順調にいったわけではありませんが苦しいときは先生に相談したり、一緒に公務員を目指す仲間たちと助けあい、はげましあって乗り越えていけました。
シグマには、公務員試験に全力で取り組めるすべてのものがあります。その中で努力することで私も合格できました。
支えてくださった先生方と、同じ志をもつ仲間とともに過ごせたこの1年は、とても幸せでした。




先生の気楽な言葉に何度もはげまされ
気持ちを切り替えることができました


長谷 花子(開誠館高校3年)
合格警視庁3類に合格

私は、みんなと同じ時期にシグマに入校したのではなく、部活動を引退してからシグマに入りました。
最初は、みんなに遅れてしまうという気持ちがいっぱいで、自分だけ空回りしているような気がしてなりませんでした。
しかし、鈴木先生の気楽な言葉に何度もはげまされ、自分のできることをとことんやろうと気持ちを切り替えることができました。
同じ目標をもった仲間と一緒に、切磋琢磨しながら勉強する日々は自分にとって良い刺激になり、さらにヤル気が芽生えてきました。
私が警視庁にうかったのは、自分ひとりの力ではありません。
このシグマという場所と先生方、同じ目標を持った仲間たちに感謝です!




己の志した道を全うすべし

藤田 康祐(日体高校3年)
合格浜松消防、自衛隊一般曹候補生に合格

頼りになる先生とお手本となる先輩たちとの交流が自分を大きく変えたと思う。シグマの生徒たちはお互い励ましあってお互いが成長していることを実感した。
最後に一生懸命勉強している諸君に一言。「己の志した道を全うすべし」




不安や焦りを拭い切るためには
毎日の勉強を目に見える結果にしていく


宮瀬 弘美(静岡文化芸術大卒)
合格愛知県小中学校事務に合格

私は大学4年の秋、不景気の影響で内定を取り消され、就職先が決まらないまま大学を卒業しました。卒業後も就職活動をしていたのですが、どうせなら、長く続けられる公務員になろうという理由から公務員試験を受けることにしました。
公務員試験に関しての知識のなさや勉強の仕方にかなり不安もありました。シグマに通うようになってからも自分の勉強のペースがつかめるまでは、不安やあせりとの戦いでした。その不安や焦りを拭い切るためには、毎日の勉強を目に見える結果にしていくことでした。私が勉強していく中で最も活用したのは、シグマでもらうプリントです。特に私は模試を活用しました。模試の結果には細かな分野も載っているので自分が苦手な分野に重点を置いて勉強をしてきました。また、試験には時事問題も絡んでくるので、シグマでもらう時事問題のプリントは欠かさずに読んでいました。
シグマには勉強以外にも面接練習や相談に乗ってくれる先生や同じ目標を持つ友達もいるので、公務員を目指すには、最高の環境だと思います。
この半年間を支えてくれた人たちに感謝しています。




見学したときにクラス全体に
熱意が満ちていた


黒川 可奈(愛知大学4年)
合格浜松市(行政事務)に合格

今回、無事浜松市役所に合格できました!

私は大学で公務員試験の勉強をして昨年の6月に静岡県などに挑戦したのですが、ことごとく1次試験に通らず、「合格」にはほど遠い状態でした。

ひとりで勉強することに限界を感じ、夏から公務員試験に特化した塾を探したのがシグマと出会うきっかけでした。浜松にもシグマ以外で、公務員の勉強ができる場所はあります。それでもシグマを選んだ理由は、自分にとって一番の壁であった一次試験合格率100%という実績と、見学したときにクラス全体に熱意が満ちている様子を見たからです。

入学してからは皆と一緒に勉強していたのですが、試験時期が人とずれていたこともあり、先生方には個人的に相談にのっていただくなど、とても助けていただきました。面接練習もとても一人ではできなかったことなので、本番ですごく役に立ちました。

今回、浜松市で珍しく冬に募集がかかるというめったにないチャンスに恵まれましたが、この縁をきちんとつかむことができたのは、シグマでいろいろなサポートをしていただき、自分でも最後まであきらめないよう頑張れたからだと思います。

この縁に感謝し、きっちりと働けるよう努力していきたいです。




パソコン部の私でも警察官に合格できた

冨永 貴裕(浜北西高校3年)
合格静岡県警Bに合格

私が本格的に警察官になろうと決意したのは、高校2年生のときでした。警察官というと体力自慢の人たちが多いという印象がありますが、私は、高校ではパソコン部に所属していました。こんな私でもこのシグマに入り合格することができました。シグマでは熱心で面白い先生たち、そして同じ警察官や公務員を目指す仲間たちがいます。
授業面では毎日の暗記テストで自分でも気づかないうちに知識が身について、それを模試で実感することができ、なにより公務員試験の勉強が楽しくなってきます。授業以外でも仲間とわからない問題を教えあったりして切磋琢磨できます。こんな仲間たちや先生がいるシグマは本当に楽しく勉強や面接をしてくれるとてもいいところです。
パソコン部の私でも合格できたくらいですから、シグマに通えば必ず夢は叶います。もし、今迷っている人がいたらシグマに入ることをオススメします。




次のページへ
合格のヒントと元気がもらえる、この合格体験記を無料でプレゼントしています。まずは資料請求してください。あなたの夢が実現する第一歩は、そこからです。
このページの上へ
 

公務員学院シグマ・ライセンス・スクール浜松 静岡県浜松市中区旭町10-8 駅前ビル7F
TEL:053-454-3813 E-mail:success@sigma-hamamatsu.com

 
トップページへ戻る